剃刀でムダ毛を自己処理するデメリット

剃刀でムダ毛を自己処理するデメリット

恵比寿脱毛マスター

自分で剃刀でムダ毛を自己処理する場合、注意しなくてはいけないのは、うっかり意図しない方向に刃が向かって肌の上を滑ってしまい、肌を傷つけてしまうことです。多くの人は一度や二度はこのようなミスをしたことがあるでしょう。

さらに、これはかなりダメージの残る場合が多く、時間が経った後もヒリヒリした痛みが残るということになってしまいます。剃刀を使っていて注意しなくてはいけないのは自分だけではありません。小さなお子様がいる場合はさらに注意しなくてはなりません。
子供は剃刀に対して興味津々のはずですから、もし手の届くところに置いてあって触ってしまったらと考えるだけで恐ろしいと思いませんか?また刃物の扱いだけではなく、いつまでも同じ剃刀を使い続けていると、刃と刃の間に溜まった汚れによって、ばい菌が溜まっていき、その刃で傷ついた肌の表面から入ってしまう危険性もあります。ですから剃刀を清潔にしておくことは非常に重要ですし、定期的に新しいものに換えるべきなのです。
さらに毛一つのデメリットは剃るという行為だけではすぐにムダ毛が生えてきてしまいます。毎日お手入れするのは嫌ですし、お肌にもあまり良くないです。埋没網のリスクもあります。

 

 

脱毛 恵比寿の人気ランキングtopページヘ戻る

ムダ毛と私

私とムダ毛の付き合いは、気づけば小学五年生からの始まりでした。
もちろんこのころはムダ毛処理の知識などなく、母親のカミソリ(しかも、滑り止めなしタイプ)で処理しては、ところどころ肌をカミソリの傷だらけにしてしまっていました。

 

中学、高校に入学したときは、制服はスカートにハイソックス。
もちろん夏場になれば半袖のブラウス。四肢からのぞくムダ毛処理に没頭しなければならない。
剃るを繰り返した私の肌はボロボロになってしまい、保湿用のボディクリームですらヒリヒリする弱い肌になってしまいました。

 

就職活動も落ち着き、社会人になるまでの充電期間に入ったところ、母親から、「あんた、そのムダ毛、脱毛したら?大根みたいなヒゲ足見苦しいわ(笑)」と優しい(?)言葉をかけてくれました。
母親がたまたま見ていたチラシに脱毛サロンのものが入っていたそうで。
早速その脱毛サロン(ビーエスコート)さんに連絡を取り、すぐカウンセリングを受けました。
どういう機械を使う、期間はどれだけ開けるか…など。
話に納得をして、契約をしました。

 

 

ようやく本格的にムダ毛とサヨナラするためのスタートラインに立つことができた私。

 

 

しかし、痛みとの闘いはまだ終わらなかった。

 

何度も剃毛した私のムダ毛は剛毛がしていて、一番弱い光を当てても痛みを感じます。
何度も照射を中断し、光を当てる、また中断…
痛みをほとんど感じなくなるまでに2、3年かかったのではないかと思います。

 

光を当てた肌は見た感じ何の変化も見られませんが、少し毛が伸びてきたとき、「毛が伸びてきたけど…本当に効果出てんのかな?」と疑心暗鬼になりましたが、実感したのはお風呂に入っていたとき!
なんと、体を洗っているときに優しくこすると毛がポロポロ抜けているではありませんか!
泡を流したらその部分はつるつるに!!

 

あんなに苦労したムダ毛もなくなる(目立たなくなる)と少しポジティブな気分になれました。
また、カミソリ負けとも無縁になったので、夏の肌見せもほんの少しですが自信が持てるようになりました。